資料請求・メルマガ登録

ご存知でしたか?
静岡の気候と風土に合う
住まいづくりの方法

もしあなたが家づくりを検討しているなら、まずは新居でどう暮らしたいか、ちょっとイメージしてみてください。

理想の暮らしを想像してみると、きっと、

「冬はよく日の当たるリビングで、陽だまりの中でくつろぎたい」

「逆に、真夏の猛暑日でも少ないエネルギーで快適な室内がいい」

「たまには季節の風を感じたいから、窓も開けたい」

「プライバシーを守りながら洗濯物を干したい」

「毎日お庭を見ながら暮らしたい」

このようなご要望があるのではないでしょうか。

ですが、これらのご要望を実現するのは、実はとても難しいこと。

その土地や、気候風土のことも考えて家づくりをする必要があるのですが、そういうふうに建てられている家は驚くほど少ないのが現状です。

ちょっと分かりづらいでしょうか?

例えば、外気温が氷点下になる北海道では、非常に高い断熱性能が求められます。大雪が積もっても埋もれないよう、構造材が大きくなるため建物の高さも高くなります。

反対に沖縄や九州では、台風被害を抑えるために石垣を設けたりします。また、一時期は耐風性の高い鉄筋コンクリート造での住まいが大半を占めていたこともあります。

北海道や沖縄は極端な例ですが、その土地柄に合った家づくりがあるということはご理解いただけるのではないかと思います。

では、静岡の住まいづくりは、どんなことに気をつけるべきでしょうか?

チェックすべきポイントは、ここでは説明しきれないほどありますが、例えば、

・夏の湿度が高いため、冷房計画次第では夏場に壁内が結露してしまうかもしれない
・港から外来種のシロアリが入ってきているため、防蟻にも細心の注意が必要
・窓の位置などを考えるとき、日当たりのいい南面だけでなく、富士山の見える北東の景色も大事にしたい
・お庭を作る際にも、静岡の気候風土に合う樹種をきちんと選ぶ必要がある
・南海トラフ大地震に備え、きちんと耐震構造設計をしておかなければならない

などがあります。

間取りやデザインなど、目で見て分かりやすい部分ももちろん大事なのですが、その前に、「建物が長持ちするか」「日々の暮らしを豊かにできるか」といった部分も大切に、家づくりを進めていただく必要があるのです。

CAC建築工房では、地域の気候風土に合わせて、住まい手が生涯を通じて幸せに、快適に暮らせるように家づくりを行っています。

弊社のメルマガに登録いただくことで、弊社の家づくりの仕様説明書 家づくりnote「基本編」や 家づくりnote「施工事例編」をプレゼントしています。

日々のメルマガでも定期的にお役立ち情報を発信しているほか、見学会情報も先行案内しています。

弊社の家づくりのコンセプトにご興味をお持ちいただける方は、お気軽にご登録ください。